梅田で人気の美容室で教えてもらったんですがそもそもシャンプーを手にのせて、すぐ髪や頭皮に乗せるのはトラブルの原因です。洗い上がり洗った後のにおいを防ぐためにも、シャンプーはつける前に泡立てましょう。
シャンプーは水を加えて泡立てたときにちょうどよい洗浄力になるように作られています。水を含む前のシャンプーは濃度の高い原液になり、頭皮に刺激を与えてしまいます。
また、髪につけてからシャンプーを泡立てると、髪を泡立てネット代わりに使っているようなもので、髪表面のキューティクルを傷つけてしまいます。
泡立てたシャンプーは、適度な洗浄力で頭皮の汚れや皮脂を洗い流し、髪表面のキューティクルを泡で守ってくれます。

まず髪の毛をしっかりと濡らし、このときに髪表面の汚れをしつかり流し地肌までしっかりと濡らしてください。

最後に手の平にシャンプーを取り、お湯を混ぜてしっかりと泡立てていきます。しっかりと泡立てたシャンプーで、やさしく洗いましょう。髪や頭皮に汚れが多いときには、手の平で泡立てた泡が消えてしまうこともあります。そのような場合には一度しっかりとシャンプーを洗い流してから、2度洗いをしましょう。

しっかりと泡立てたシャンプーで洗った髪や頭皮は、すすぎのときにシャンプーも流れやすく、シャンプーのすすぎ残しもなくなり、髪が乾いた後のさっぱりさらさらになります。